【心温まる】超絶マジックで人助け! 紙やトランプをお金に変えて寄付するマジシャンがカッコよすぎる

イギリス・ロンドン育ちの男性ジュリアス・デイン(Julius Dein)さんは、ソーシャルメディアを中心に現在大人気の有名マジシャン。
インスタグラムのフォロワー数は589万超、フェイスブックのフォロワー数は1674万超にも上るほど大人気で、一般人から海外セレブまで幅広~くファンを獲得しているんです。
今回ご紹介するのは、そんなデインさんが2017年にインスタグラムで披露していた、心揺さぶるマジック。ホームレスの人々にお金を寄付するときに得意のマジックをプラスして、サプライズと笑顔を “上乗せ” してプレゼントしていたんです。
【絵に描いたお金が本物になった!】
マジックを披露した場所は、アメリカ・ロサンゼルス。
動画は第5弾まであるのですが、第1弾ではメモ帳にお金の絵を描いて、その絵の中から実際にお金が出てくる(!)マジックを実演。
いや、これが実際スゴい。絵から一瞬でお札が飛び出してくる……スローモーションで見ても、仕掛けがわかりません。
一部始終を間近で見ていたホームレスの男性は言葉も出ないほど驚いた様子。あまりのことに、ほんの少し恐怖を感じているようにも見えます。そして、出したお金はそのまま彼のものに。
【え、これ魔法?】
その後もマジックは続いてゆき、トランプをお金に変えたり、コーヒーが入ったコップの中から大量のコインを出したり、手にしていたお金を一瞬で2倍にしたり。
さらにはなんとiPhoneの画面から本物のお金を出したり(!)と、魔法のような瞬間の連続。
ホームレスの人々のリアクションも様々で、ただただ驚く人、驚きすぎて後ずさりする人、満面の笑みを浮かべる人と、有名マジシャンのスゴ技を思い思いに楽しんでいたみたい。
【マジックを通じて社会問題に切り込む】
実はデインさん、ここまで有名になる以前から、社会問題にも深く切り込んできた方。
たとえば「ゲイのカップルに対し罵声を浴びせたら周囲の人はどう反応するか(※ゲイカップルは仕掛け人)」といった動画をYouTubeで公開するなど、SNSを通じて問題提起をし続けてきているんです。
【楽しいけど考えさせられます】
今回のマジック動画においても、一見華やかな都会に見えるロサンゼルスが抱える貧困問題をクローズアップ。
この街に3万5000人いるというホームレスについて触れ、「ホームレスはひとりじゃない、我々には可能な限り、彼らを助ける道徳的義務があるのだ」と語るシーンもあるなど、考えさせられるんです。


↑