イチローとCMで共演の「野球女子」 小玉百夏の実力は本物! 球速は100キロ超え

佐藤製薬の「ユンケル黄帝液プレミアム」のテレビCMで引退を表明したばかりの大リーグ・マリナーズのイチロー選手と共演した「野球女子」がいます。女優の小玉百夏(もか)さん(25)。CMでは小玉さんは1秒程度しか映りませんが、鋭い腕の振りはただ者ではなさそう。ということで、小玉さんに会って、投球を披露してもらうとともに、イチロー選手とキャッチボールをした感想を聞いてきました。

小学校のときに着ていたユニホーム
「小学校のときに着ていたユニホームなんです」。取材場所のグラウンドに笑顔で姿を現した小玉さんは、白い練習着のズボンに紺のシャツ姿。買ったばかりという白いスパイクを履いて、やる気満々です。

軽くアップを済ませて投球を披露してもらいました。身長は155センチと小柄ですが、「最速は104キロ。今年の目標は110キロ」というだけあって、しっかりと左足を上げて投げるフォームはダイナミック。直球の回転も素晴らしく、糸を引くようにミットに収まりました。「遠投も大好き」と、記者を相手に50~60メートルほどの距離を軽々と投げました。

スタントマンから女優へ
小玉さんは群馬県玉村町出身。二つ上の兄、冬馬さんを追って小学校2年生から6年生まで野球を続けました。ポジションは捕手。中学時代はソフトボール部に所属してプレーを続けました。中学卒業と同時に、アクション事務所に所属するために上京。主にスタントマンとして活動していました。次第に女優の仕事ももらうようになるにつれ、「顔を出して仕事がしたい」という思いが強まり、女優へと転身しました。

野球からもしばらく離れていましたが、1年ほど前に野球関係のCMに出演したことがきっかけで、野球熱が再燃。「プロ野球で始球式がしたい」と目標を作り、時間を見つけては投球練習をしているそうです。

「イチローさんは神対応」
「世界で一番会いたかったのがイチローさん」と話す小玉さん。CMは書類、面接、キャッチボールなどのオーディションで選ばれた男女7人がグラウンドでイチロー選手とキャッチボールをしている場面が映ります。小玉さんは撮影中にイチロー選手と何球もキャッチボールしたといい、「もう素敵でした。オーラがすごかった。誰にでも神対応でしたし」と目を輝かせました。20日に東京ドームで行われたマリナーズ対アスレチックスの開幕戦も観戦し、イチロー選手のプレーを目に焼きつけました。

目標は球速110キロとプロ野球の始球式
「球速110キロ」へ向け、「いかつくなりすぎない程度に下半身を鍛え始めた」という小玉さん。目標としている「プロ野球の始球式」で、ダイナミックなフォームを見られる日も遠くないかもしれません。


↑