パナソニック、1型センサー搭載の光学16倍ズームカメラ「LUMIX DC-FZ1000M2」

パナソニックは、レンズ一体型の高倍率ズームカメラ「LUMIX DC-FZ1000M2」を発表。3月23日より発売する。
有効2010万画素の1型MOSセンサーと、光学16倍ズーム(35 mm判換算:25~400 mm)LEICA DC VARIO-ELMARITレンズを採用し、高画質でボケ味のある撮影を楽しめるというモデル。望遠撮影で被写体を見失った際、ワンボタンでズームアウトして、被写体を素早く見つけられる「ズームバック機能」を新たに搭載した。
さらに、ファインダーには、コントラストと応答性にすぐれた約236万ドットの有機ELを装備。モニターは、約124万ドットに高精細化した、3型フリーアングルタッチパネル液晶を搭載し、タッチAF、タッチパッドAFなどのダイレクトな操作性とともに、ハイアングルやローアングルでも、無理のない姿勢で撮影できるという。
加えて、レンズ部には、ズーム、マニュアルフォーカス、露出補正など、任意の機能を設定して使えるコントロールリングを装備。カメラ本体天面には、絞り値やシャッタースピード、露出補正、ISO感度などの設定を瞬時に行える前ダイヤルと後ダイヤルを備える。
また、レンズ側天面部の3連ファンクションボタンを含む8個のファンクションボタン、5個のタッチファンクションボタンを搭載し、使用頻度の高い機能を割り当てることで、よりスムーズな撮影を可能にする。
機能面では、秒間30コマ連写によって、決定的瞬間を約800万画素の写真に残せる「4Kフォト」モードを搭載。動きの速い被写体、いつ起こるかわからないシャッターチャンスなど、撮影シーンや作品づくりに合わせて、「4K連写」「4K連写(S/S)」「4Kプリ連写」といった、3つのモードを選択できる。
このほか、動画機能は、4K動画記録(3840×2160/30p)、ハイスピード動画記録に対応。外部記録媒体はSDXCメモリーカードをサポートした。本体サイズは136.2(幅)×97.2(高さ)×131.5(奥行)mm、重量は約810g(本体、バッテリー、メモリーカード含む)、約758g(本体のみ)。ボディカラーはブラック。


↑