井岡一翔が国内復帰 日本での試合可能に 6月にも復帰戦へ

ボクシング元世界3階級王者の井岡一翔(30)が国内復帰することが27日、発表された。国内でのライセンスの再取得によるもので、日本での試合が可能になる。
井岡は17年大みそかに一度は現役引退を発表。しかし、昨年の7月に現役復帰を表明し、海外での活動を再開。同年大みそかにはマカオでドニー・ニエテス(フィリピン)と日本勢初の世界4階級制覇を懸け、WBO世界スーパーフライ級王座決定戦に臨んだ。結果は1-2の判定負けだった。
今回は日本でのライセンス再取得を申請しており、承認されれば日本での試合が再び可能になる。井岡は「Reazon大貴ジムでお世話になることになりました」と埼玉県越谷市の同ジムに所属すると説明。「現状として、今の形でやっていくよりは日本ボクシングに貢献したいという気持ちと、自分の気持ちで日本で今やっていることを少しでも伝えられたらという思いで決めました」と語った。
現在、井岡はWBOスーパーフライ級2位に入っている。Reason大貴ジムの瀬端会長は再起戦のマッチメークについて「(王座が)空位になっていますので、指名試合の措置が近いうちに来ると思います。6月ぐらいの予定で話は進めています。東京でやる予定で動いています」と王座決定戦も視野に計画していると語った。
井岡は「(プロのキャリア)そんなに長くないと思うし、でも30代前半で新たに歴史を刻みたいと思う。20代、いろいろありましたけど、経験を生かして、30代で4階級制覇というこれからの野望を果たせればいいなと思っています」と4階級制覇へ向けて力を込めた。
また、井岡は今月、モデル経験のある一般女性と再婚予定であることも判明している。


↑