NASA、7つの地球サイズ惑星を39光年先に発見

NASAは2月22日、地球から39光年先の赤色矮星を周回する7つの地球サイズの系外惑星を発見したと発表しました。
この赤色矮星「TRAPPIST-1」を周回する系外惑星のうち、3つは表面に水の存在しうる「ハビタブル惑星」に相当。地球外生命体の存在の調査が期待されます。

それにしても39光年先とは言葉では理解できますが果てしなく遠い存在ですよね<`~´>
この先どの様な発見があるのか楽しみではありますね!!


↑